実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

映画「あさひなぐ」を観た。

乃木坂46メンバー主演キャストの映画。原作は既読。欅坂は知ってるけど、乃木坂はあまり知らなかった。顔と名前が一致するのは白石麻衣くらい、そんな状態で観た。 感想。部活青春モノ、漫画実写化モノ、アイドル映画としてほぼ満点の出来栄えでとても良かっ…

映画「ブラックパンサー」を観た。

少し前に観た「デッドプール2」でネタ(ポーズのパクリと人種差別ネタ)にされていたのもあって観てみた。 観終わってから知ったけど、この映画はマーベル映画の中でも記録的な大ヒット映画となっていたみたい。 全体的にアフリカンフューチャーで、今まであ…

静かな生活のインスピレーション。映画「パターソン」を観た。

何気なく観てみたら、思いのほか面白かった映画。こういう映画は面白かった所を語るのが難しい・・・ということで、映画「パターソン」です。 主人公のパターソンは、パターソン市営バスの運転手で、隙間時間に創作ノートに詩を綴る物静かな男性。そんなパタ…

ライアン・レイノルズの総決算。映画「デッドプール2」を観た。

通称デップーことデッドプールの2作目を、映画の日に字幕版で観てきた。前作も面白かったので、今作も期待大で観に行った。 ちなみに前作の感想はコチラ。 ippaihaten.hatenablog.com 感想。前作以上に期待以上に良かった! 前作を観ている前提で話が進むの…

アウトサイダーの恋。映画「シェイプオブウォーター」を観た。

アカデミー賞受賞作。限りなく一般向けを装ったニッチ映画だった。最高! 話としては「美女と野獣」と「人魚姫」を合わせたようなイメージ。異種恋愛モノであり、またハンディの話でもあって、その辺りがこの映画を一番面白いと思った部分でもある。なんとな…

絶望としてのウェスタンと次世代への希望の、圧倒的なグルーヴ。映画「LOGAN/ローガン」を観た。

「グレイテストショーマン」がとても良かったので、ヒュー・ジャックマン繋がりで観てみた。「ウルヴァリン」シリーズの完結作。 「ウルヴァリン」シリーズは全部観た訳ではないけど、全く観ていなくても楽しめると思う。X-MENとミュータントという作品設定…

キャスティングの勝利。映画「22年目の告白―私が殺人者です―」を観た。(後半ネタバレあり)

観終わった後に知ったけど、元々は韓国映画「殺人の告白」が原作で、それを日本版にリメイクした映画らしい。 感想。二重三重にもやられた! という感じで面白かった。 キャストの時点で完全勝利。だって藤原竜也(クズ)、伊藤英明(サイコパス)、仲村トオ…

超ポジティブで情熱的。映画「グレイテストショーマン」を観た。

近くの映画館で観ようとしたら完全に満席だったので、数駅遠くの映画館まで観に行った映画。 感想。最高にエンタメミュージカルしていて面白かった! 実在のアメリカの興行師P・T・バーナムの半生を軸に、ミュージカル映画に仕立てている。主人公が自らをペ…

骨太でシンプルな娯楽映画、それだけでいい。映画「バーフバリ2 王の凱旋」を観た。

バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ! ということでバーフバリの後編映画を観た。 前編の感想はこちらから。 話の筋自体はシンプルなので、後編から観ても、そんなに混乱はないように思う。 ippaihaten.hatenablog.com 前編である伝説誕生と合わせて、回…

タイトルの本当の意味。映画「ゲットアウト」を観た(後半ネタバレ)。

アカデミー賞関連で、脚本賞を取って話題になっていたので観てみた。↓のパッケージが一番この映画を象徴していて好き。観終わった後に改めて見返したくなる。 感想。やられた! いや、やられた・・・? タイトルである 「Get Out !(出ていけ!)」という言…

最高にエンターテイメント。映画「バーフバリ 伝説誕生」を観た。

バーフバリ! バーフバリ! これこそ2018年のお祭りムービーだ! 日本公開は2017年だけど、自分が観たのは今年だから関係ねぇ!というスタンス。 マッドマックスFR(怒りのデスロード)やハイロー(HiGH&LOW)のような爆走お祭りムービーを観ることで人生の…

侵略する日常。映画「散歩する侵略者」を観た。

あらすじと予告編が面白そうだったのと同時に、話の展開にはあまり期待していなかったんだけど、後半からラストにかけての展開が意外な着地だったので、全体として自分好みの映画だった。 松田龍平の演技力が抜群に良かった。感情のない宇宙人の、異質感を十…

ザ・実験作!映画「ザ・シャッフル」を観た。

まず言っておくと、この映画は73分で、キャストはタイトル画像の通り4人しか出てこない低予算系の映画だ。つまり自分の好みの映画ってことです。ちなみにドイツ製作。 この映画に出てくる役柄はドラッグの売人、ボディガード、警官、取引相手の4役で、それを…

ミュージカル×クライム=青春。映画「ベイビー・ドライバー」を観た。

ゴキゲンなBGMと迫力のあるカーチェイスアクションで、80・90年代映画という感じの良作。監督は信頼と安定のエドガー・ライト監督。 ミュージカルと書いたけど、正確には主人公のベイビーが音楽を常に聴いているので、主人公の行動や感情が楽曲と連動してい…

何もかもが正しい映画。映画「ザ・レイド レディミッション」を観た。

あの「ザ・レイド」シリーズとは関係ないと分かっていた。分かっていたけど言わせてほしい。タイトルに騙された!(笑) 感想。映画の『完成度』は100点満点中120点の、何もかもが正しい映画だった。ポイントは「邦題トラップ」「お色気期待感」「テレ東で昼…

2018年7月に観た映画

7月(6作) 「ザ・レイド レディミッション」 ippaihaten.hatenablog.com 「亜人」 「ギフテッド」 「悪女」 「あさひなぐ」 ippaihaten.hatenablog.com 「BLEACH」 夏コミ終わったので復活。とりあえず、過去のレビューを書いていく予定。

2018年6月に観た映画

6月(1作) 「デッドプール2」 ippaihaten.hatenablog.com

2018年5月に観た映画

5月(5作) 「女神の見えざる手」 ippaihaten.hatenablog.com 「マザー!」 「散歩する侵略者」 ippaihaten.hatenablog.com 「パターソン」 ippaihaten.hatenablog.com 「ゲット・アウト」 ippaihaten.hatenablog.com

2018年の大傑作。映画「スリー・ビルボード」を観た。

今年もまた、すさまじい映画に出会ってしまった。 まず、これは復讐と正義の燃え残りの話なのだと思った。自分の中では大ヒットの大傑作だったし、南部と南部の女はマジヤバい。 物語の発端はタイトルの通り3枚の看板(スリービルボード)で、そのビルボード…

虚無の動機とプロフェッショナル。映画「女神の見えざる手」を観た。

原題は「Miss Sloane」。主人公がエリザベス・スローンという名前なんですが、こういった洋画の原題のシンプルさってすごいよなーとたまに感心する。「スタンドバイミー」とか「The Body(=死体)」だしなあ。 本作は日本ではあまり馴染みのなさそうなロビ…

人間の追い詰めを実写化。映画「沈黙―サイレンス―」を観た

しばらくは観るのに気が進まなかったけど、ようやく観た。原作は日本だけど、監督はマーティン・スコセッシという異色作。 気が進まなかったのは原作を以前読んでいて内容を知っていたからで、原作は面白かった分、実写化したら絶対にエグそうだなあと思って…

35年越しの続編。映画「ブレードランナー2049」を観た。

一応続編モノですが、レプリカント等の用語やあらすじレベルで予習してたら、必ず前作を観る必要はないとも思う。一部よく分からない所があるにしても、それなりに楽しめるはず。ちなみに前作「ブレードランナー」の感想はコチラ。 ippaihaten.hatenablog.co…

2018年4月に観た映画

4月(7作) 「グレイテストショーマン」 ippaihaten.hatenablog.com 「ローガン」 ippaihaten.hatenablog.com 「ザ・シャッフル」 ippaihaten.hatenablog.com 「沈黙―サイレンス―」 ippaihaten.hatenablog.com 「無限の住人」 ippaihaten.hatenablog.com 「…

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を観た。

マクドナルドを題材にした映画って「スーパーサイズミー」くらいしか他には知らないけど、もうマクドナルドという企業を題材にした時点で批判性・問題提起がセットと言う感じがする。マクドナルドは超最高!みたいなプロバガンダ映画をもう作る意味もなく、…

国内アクションの新時代。映画「RE:BORN リボーン」を観た。

観たいと思った映画は大体最寄りの映画館でやらないのはなんでだろう(ヒント・僻地在住)。 ということでようやく観れました。この映画を観るにはちょっと文脈(?)が必要かもしれないので、ちょっと説明。この映画はアクション映画なんですが、作中でゼロ…

映画「東京喰種トーキョーグール」を観た。

最近は漫画実写映画を観る頻度が増えた気がする。まあ実際に製作本数が多くなってきてはいるんだろうけど。そんな訳で「東京喰種トーキョーグール」を観た。 感想。映画としては全体的には悪くなかったが、原作との相性とか周辺事情が厳しかったのが残念。昔…

映画「無限の住人」を観た。

製作決定発表の当時はまさかの実写化に驚き、主人公・万次役にキムタクをキャスティングで二度驚き、さらに公開前にSMAPが解散騒動が勃発したので無駄に三度驚いた記憶がある。 感想。まさかラストまで駆け抜けるとは思っていなかった。あとキャスティングが…

2018年3月に観た映画

3月(6作) 「バーフバリ 伝説誕生」 ippaihaten.hatenablog.com 「スイス・アーミー・マン」 ippaihaten.hatenablog.com 「バーフバリ2 王の凱旋」 ippaihaten.hatenablog.com 「シェイプオブウォーター」 ippaihaten.hatenablog.com 「22年目の告白―私が殺…

準ボンクラ映画。映画「スイス・アーミー・マン」を観た。(後半ネタバレあり)

タイトルの意味は、日本で言う十徳ナイフを英語ではスイスアーミーナイフと言うみたいで、それをもじってスイスアーミーマン(死体)。この世に絶望して自殺寸前の青年と色々な機能を持った死体が活躍する映画。 まずパッケージのインパクトが抜群。右の死体…

童女・悪女・百合。映画「お嬢さん」を観た。

去年(2017年)にこの韓国映画がすごい!みたいな感じでいくつかの映画館で、2週間ずつくらいの交代上映でプッシュされていた3作があって、それが「アシュラ」「哭声/コクソン」「お嬢さん」だったんだけど、前2作は少し前に観てたが、ついに3本目の「お嬢…