読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

「コレクターズ・シネマブック版ファイトクラブ」を買っておけば間違いない

 先週の記事で映画「ファイトクラブ」のDVD(or Blu-ray)は何を買うべきかと書いたけど、やはり最新版のコレクターズシネマブック版が初心者にはベターであるという結論に達した。

[コレクターズ・シネマブック]ファイト・クラブ (初回生産限定) [Blu-ray]

[コレクターズ・シネマブック]ファイト・クラブ (初回生産限定) [Blu-ray]

 初心者向けというのは、ソフト版「ファイトクラブ」の持っていない人、つまり最初に買うならどの一枚がいいかという意味である。自分のようにある種のキチガイになると、それぞれのverの良さがあることは分かるが、あえて一枚勧めるならこれかなぐらいの気持ち。

 主な理由としては基本的な所しか挙げないけど

・DVDとBlu-rayが2枚入っている

(別に一枚でいいという意見は分かるが、監督のデイビッド・フィンチャーは映像やパッケージにとても拘る監督なので新たにリマスターされたBlu-ray版も観ておく価値はある。あとキチガイ的意見としては再生しすぎて円盤が割れた時にももう一枚あると安心である)。

・シネマブックがついている

(現在はこのverのみ。内容は特にコメントなし。ブックレットが一体化していて普通のソフトと一味違う感じがして面白い)

・過去のverについていた特典の取りこぼしがない

(特典は主にBlu-ray版の方に収録されている)

 

 f:id:ippaihaten:20130303145828j:plain   f:id:ippaihaten:20130303145904j:plain

左がブルーレイとシネマブックの表紙、右がDVDとシネマブックの裏表紙。ディスクの図柄についてはBlu-ray版とDVD版、ともにノーマルである。

f:id:ippaihaten:20130303145917j:plain

 シネマブックの中身。パッケージと一体化しているので分離はできない。インタビューや評論入れて全部で12ページ。

 

 店頭だとあまり比較できないし、amazonの紹介だけだと分かりにくいと思い、少し詳しく紹介してみた。いやー、でも個人的にはamazon限定のスチールブックのプレミア感&重厚感とシンプルさも悪くないのよな、キチガイ的にはDVD版のパッケージの豪華さも好きなのだが・・・・・・(以下省略)。

 

f:id:ippaihaten:20130303150210j:plain

 おまけ、自分のコレクションの一部。パッと見て、エディション名が言えたら君も立派なファイトクラブキチガイだ!(なりたくないだろうが) 答え合わせは↓で。

 

[コレクターズ・シネマブック]ファイト・クラブ (初回生産限定) [Blu-ray]

[コレクターズ・シネマブック]ファイト・クラブ (初回生産限定) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】ファイト・クラブ スチールブック仕様〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】ファイト・クラブ スチールブック仕様〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

ファイト・クラブ プレミアム・エディション〈特別限定版〉 [DVD]

ファイト・クラブ プレミアム・エディション〈特別限定版〉 [DVD]

ファイト・クラブ 新生アルティメット・エディション [DVD]

ファイト・クラブ 新生アルティメット・エディション [DVD]

ファイト・クラブ [DVD]

ファイト・クラブ [DVD]

ファイト・クラブ [Blu-ray]

ファイト・クラブ [Blu-ray]