読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

映画「ジャンゴ 繋がれざる者」を観てきた

 面白い。約三時間くらいの長さではあるけど、めちゃくちゃ面白かった。観てない人は早く観に行った方がいい。2回くらい、ああここで終わるのかなと思った所でさらに追い打ちがかかって興奮させられっぱなし。少しクールダウンしてから感想書きたい。 

ジャンゴ 繋がれざる者~オリジナル・サウンドトラック

ジャンゴ 繋がれざる者~オリジナル・サウンドトラック

 西部劇と言ったら「ジャンゴ」なんですが(タランティーノが大いに影響を受けた映画「続・荒野の用心棒」の原題が「Django」)、もう一つの「ジャンゴ」ということで、こちらは邦画だが同名のタイトルもある。イタリア製西部劇をマカロニウェスタンと呼ぶように、和製ウェスタンとしてスキヤキウェスタンですよ。一応、本当にいちおう源平合戦(赤か白かの色のみで言うなら薔薇戦争も)がモチーフなんですが、ただの色物映画じゃなくてかなり見所はある映画なんで観ておいて損はない。あと桃井かおりの最強ババアぶりと木村由乃が娼婦エロいよ。

 あとタランティーノも出てくるし、日本語の台詞まで喋る。この好き勝手ぶりだけでもタランティーノファンは観る価値あるよ。

ジャンゴ~さすらい~

ジャンゴ~さすらい~

 役者もだけど、主題歌は北島三郎が歌っているという豪華キャスト過ぎる。