読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

読書会はじめます?

 ひさしぶりに読書会やりたい。

 今日、朝起きてふと思った。

 そしてすぐに、読書会自体がやりたい訳じゃないのだろうと思った。やりたかったら、どこかしらでやっている読書会にでも参加すればいいのだ。近くになかったり、自分の望む形式でない場合は自分で主催なりすればいいのだ(人の集まる集まらないは別として)。

 前は何回か読書会に参加していたけど、なんか気が付いたら行かなくなっていた。色々と折り重なった部分があったのはあったけど、特に大した理由もなかったのが実際だろう。端的に言えば、楽しさと面倒臭さのシーソーのうち、面倒臭さがやや勝ってしまったのである。

 自分としては、なるべくそういった面倒臭い要素は外したい。そう考えていくと、自分の望む形式のようなものがぼんやりと見えてくる。

 ふうん、じゃあ何したらいいのだろうかねえと今は少し考え中。