読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

映画「バードマンあるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡」を観た(ネタバレなし)

  観たのは5月5日。とても面白かったのだが、まだ完全には脳内消化できていない感じ。

 だからいくつかの印象的なシーンには踏み込まないので、必然的にネタバレなしの感想になるはず。 

 

 箇条書きで。 

  • 「バードマン」のあらすじがよく分からない人が多そうなので、ざっくり言うと「過去に大ヒットしたけど今は落ち目の映画俳優(主人公 マイケル・キートン)が、再起をかけてブロードウェイで公演し、演劇界へ再デビューしようとするけど、公演もプライベートもなかなか上手くいかない」話。もちろんそれだけじゃないが。
  • タイトルのバードマンというのは、主人公が過去に演じてた大ヒットしたアメコミ映画のタイトルだ。このバードマンが、葛藤する主人公のもうひとつの声として、主人公が時折使う超能力として、主人公を大いに惑わす(自分自身の声だけど)。
  • 主人公の対をなすキャラとして演劇人の人気俳優(エドワード・ノートン)が良い味出している。演技に対して真摯なんだけど、それ以外が超絶適当なところがいい。
  • ラストについては脳内消化が完了していないので、ノーコメント。ネタバレあり感想の時に触れたい。
  • 連想した映画は「ファイトクラブ」と「レスラー」(あるいは「ブラックスワン」)。観ていると現実と虚構にじわじわ侵食されていく感じがいい。

       ファイト・クラブ [Blu-ray] レスラー [Blu-ray] ブラック・スワン [Blu-ray]

  • 他の感想サイトでも必ず言及されているけど、カメラの長回しが特徴的。全てのシーンをワンカットで撮っているわけではないが、それに気付かないぐらい上手く撮っているし繋ぎ合わせている。思っているよりもシーン数は少ないんじゃないかと思う。Blu-rayなどでどういう風にチャプターを切っているかは楽しみのひとつだ。
  • あと音楽がいい。主人公の感情が高まっている時に何度か流れるドラムソロは、焦りと心地良いリズム感を生んでいる。 
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

 

追記・ ネタバレあり(?)の記事も書きました。

 

 

ippaihaten.hatenablog.com