読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

【2009年】ファイトクラブの影響でスタバを爆破した10代少年を逮捕(翻訳記事)

過去記事の再掲。以下の原文記事はCBSより。

NEW YORK (CBS) ― Police have arrested a teenager for the bombing of an Upper East Side Starbucks on Memorial Day, a blast apparently modeled after a scheme from the movie "Fight Club."

The suspect has been identified as 17-year-old Kyle Shaw, who is being charged with arson, criminal possession of a weapon, and criminal mischief.

The May 25 explosion, which shattered multiple windows, damaged a nearby bench, and shook the nerves of employees and residents, was caused by a makeshift device constructed out of a small plastic bottle and low-explosive type of powder.

No one was injured in the explosion.

Investigators said Shaw was mimicking a part of the movie "Fight Club," in which the characters played by Brad Pitt and Edward Norton take part in numerous violent, late night public disturbances and disruptions, an attack on corporate America they called "Project Mayhem." One of those attacks in the movie happened in a Starbucks.

Shaw also formed his own fight club in which boys beat one another in various locales around the city including Central Park, Kelly said. At least one member got a broken nose, he said.

Shaw apparently told at least one friend to "watch the news over Memorial Day" because he was about to launch his own version of "project mayhem," Kelly said. Investigators are looking into whether more people might have been involved.

Police say the suspect picked the site because a Starbucks was a target in the movie. It wasn't clear why the specific coffee shop was chosen. There are dozens around the city.

Shaw recently graduated from the City-as-School, an alternative public high school in the West Village neighborhood of Manhattan that was founded in 1972, police said.

Investigators recovered homemade bomb materials, a copy of "Fight Club," a box of sparklers and a newspaper clipping about the attack from Shaw's home, Kelly said.

The Starbucks blast was similar to explosions at the British consulate in 2005, the Mexican consulate in 2007 and the Times Square military recruiting station in 2008. All three blasts occurred between three and four-thirty in the morning, but police don't believe Shaw is connected to those bombings.

2009年7月15日 アメリカ東部

 

 

 そして翻訳記事。自分で訳したので精度の粗さは御愛嬌。

 

 ニューヨーク(CBS)― 戦没者追悼記念日の5月25日、警察は「ファイトクラブ」の影響でイースト・サイドにあるスターバックスを爆破した10代の少年を逮捕した。
 容疑者は17歳の少年で、名前はカイル・ショー。放火、爆発物不法所持、器物損壊の容疑で逮捕された。

 5月25日、店の窓を吹き飛ばし、近くのベンチを破壊し、従業員と客を恐怖に陥れた爆発は、小型のペットボトルと火薬で組み立てられた即席爆弾によるものだ。

 幸い、爆発による負傷者はいない。

 捜査官によると、容疑者はブラッド・ピットエドワード・ノートン扮する人物が「プロジェクトメンヘム」と呼ばれる破壊活動を行っていく映画、「ファイトクラブ」のあるシーンを真似したという。
 作中の「プロジェクトメンヘム」では深夜に悪質ないたずらや大手の会社を攻撃しているが、その中の一つスターバックスで行われていた。

 また、容疑者はセントラルパークを含む都市部周辺で、少年たちが互いに殴り合うファイトクラブを組織していたと供述。その中でメンバーの一人の鼻を折ったとも語っている。

 容疑者は自分の「プロジェクトメンヘム」を立ち上げようとしていたらしく、戦没者追悼記念日明けのニュースを見るよう友人らに話していたようだ。捜査官はそれらの友人らが事件に関係しているか捜査している。

 容疑者は映画の中でスターバックスが標的になっていたため、犯行現場に選んだという。周囲に同店舗がたくさんあつた中で、なぜその店舗を選んだかに関しては定かではない。

 ショーは最近、マンハッタン区のウェストヴィレッジにある公立高校(1972年に設立)を卒業したという。(※補足 原文ではalternative public high schoolとある。フリースクールのような所らしい。)

 ショーの自宅からは手製爆弾の材料、「ファイトクラブ」のコピー、花火セット、襲撃事件に関する新聞記事の切り抜きが見つけられた。

 今回のスターバックス爆破の事件の手口は、2005年のイギリス領事館、2007年のメキシコの領事館、また2008年にはタイムズスクエアの新兵求人施設での爆破と同様だった。それら三つの爆破事件は午前3時から4時半の間に起こされているが、当局は今回の事件と関連性がないと見ている。