実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

あのマッコールさんが君の街にいるなら。映画「イコライザー2」を観た。

 前日に予習・復習(前作「イコライザー」) を済ませた上で公開日に観に行った自分には一分の隙もなかった。上映時間の関係で4DXで観たけど展開の関係で水しぶき多めだった。タイトルは伊集院光のカブトムシの秘密より。

映画チラシ イコライザー2 デンゼル・ワシントン

 

 基本的なストーリーは前作と同様で、とある街で様々な理由で行き詰まった人達を人知れず助けていく主人公のマッコールさん(デンゼル・ワシントン)が、街に潜む巨悪をイコライズしていく展開。

 前作では中盤くらいからイコライザーとして覚醒した主人公が、今回はオープニングからフルスロットルでイコライズしていて様式美すら感じるし、徐々に悪人を人知れず始末していく概念と化している感じがして面白い。「マッドマックス」のマックスがシリーズを重ねるごとに、世紀末にどこからともなく現れて民を救う概念と化したように、イコライザーも最終的に都市伝説みたいな存在になったらなったで面白い。

 前作はイコライザーとは・・・? からのイコライザーTUEEE!!ということを楽しむ映画だったけど、今回はイコライザーとしての生き様と過去の清算の話っぽくもあり、ドラマ部分に力を入れている印象。ポスターとかで、今度の敵はイコライザーみたいな煽りだけど、あくまで過去の戦友と違えた道を清算する話であって、イコライザーではないよなあとは思った。

 前作では歌手を夢見る女の子がヒロインだったけど、今回は美大に通う黒人青年マイルズがヒロインで、主人公とのやり取りと関係性もただ二人で会話しているだけなのにどこか印象に残る。マイルズに対しては、本当に良き父という感じで言葉を紡いでいるのが最高に良かった。監督も主演もアフリカ系アメリカ人なので、その辺りのメッセージ性にも希望と力強さを感じて好感が持てる。

  アクション面では前作の方が好みだったけど、終盤の突風は「???」ってなったし、マイルズを狙っていたのに突然狙わなくなったりするのは正直分かりにくかったけど、全体的にアントワーン・フークア監督も主演のデンゼル・ワシントンも初めての続編ということで、気合入っているのを感じる。あと、ラストの100冊目が「失われた時を求めて」なのは、作中の感情ともリンクしていてとても良いし、ラストの余韻も素晴らしい。

 オープニングのアクションや前作の設定(妻と100冊の本)を踏まえた展開もあったり、前作ファンへの目くばせもしつつ、別作品としても成立させているので前作を観てなくても楽しめるようになっていると思う。 前作のインパクトが強過ぎて、そういう方向ではちょっと物足りなさを感じるが、全体的に軽快で相変わらずカッコ良いデンゼル・ワシントンだし、映画の出来としても最高。 

 

 
イコライザー (字幕版)

イコライザー (字幕版)

 

 

【作中で登場した本のタイトル】

 前作もそうだったけど、この映画に出てくる本のタイトルがどれもメッセージ性を感じたのでまとめてみた。

 

「世界と僕のあいだに」はオープニングで変装したマッコールさんが読んでいた本。寡聞にして知らなかったけど、現代アメリカでの黒人問題を扱った内容で2015年に出版されてその年のベストセラーになっていて、日本だと2017年に翻訳出版されているみたい。

世界と僕のあいだに

世界と僕のあいだに

 

 

失われた時を求めて」はタイトルもその長さも有名な作品。マッコールさんの奥さんの100冊リストの最後の作品。この作品名は割と他の映画内で目にしている気がする。「恋空」でも作中に出てきてた。今年は「大菩薩峠」に挑戦しているんで、来年の挑戦作候補に入れておこうかな。

 

アメリカの息子」はハヤカワ文庫NVで昔出版されていたけど、絶版っぽいので原著の方を紹介。リチャード・ライトという人は黒人文学の先駆けとなった作家みたいで、映画の内容とリンクしているし、メッセージ性が高そう。  

Native Son (Vintage Classics) (English Edition)

Native Son (Vintage Classics) (English Edition)

 

 

 【おまけ】

 今作ではあまり出なかったけど、前作「イコライザー」を観ていたら、絶対に欲しくなるアイテム。誰かクリスマスプレゼントとして、自分に贈ってくれても良いんですよ?

 

 

  

 

 

 

 

 

 

バリカンの強烈なドラマ。映画「あゝ、荒野 後編」を観た。

 前編時点での終わり方でもある意味満足だったけど、後編も観た。

あゝ、荒野 後篇

 

前編の感想はコチラ。

ippaihaten.hatenablog.com

 

 感想。前編の散漫さが徐々に消えていって、中盤くらいからまた少し散漫になって、なんとなく勢いと力技で収束させた印象。まあ面白かったけど、前編と後編の位置付けがよく分からなくなった。一本の映画とした時に単純に分割したにしてはバランスが悪すぎるし、前編・後編とそれぞれ半ば独立した映画にしてはテーマが不明瞭な気がする。 

 前編に存在していた、寺山修司的概念はどうなるんだろうと気になっていたけど、自殺研究会の残党の人達が担っていた。でもまあ、うん・・・ぶっちゃけこの映画(後編)にもう不要な存在となっていたのは否めない。流産した女とバリカンの童貞、バリカンの父と「自衛隊へ行きます」の青年とか、完全にいらないとも言えないドラマとシーンなのが何とも。だったら、尺の都合はあるにせよもっとその部分もフォーカスしてほしかったかなあと思う。会長の彼女役の人は新人女優かなと思っていたら、今野杏南という元グラドルの人みたいで、映画内では雰囲気がガラリと変わっていて、話題性ゲストではなく一女優として作中の空気を作っていて良かった。

 後編では人と繋がる手段としての吃音者のバリカンの孤独と苦悩にスポットが当たっていたので実質、主人公だった。ならば、振り返ってみれば前編は新宿新次が主人公というイメージだったのだろうか。この二人が独自の道を歩み始めつつ、互いに微かな因縁を示唆しながら、ラストのボクシングシーンへと至っていく流れは、作中でバリカンと新宿の内圧がだんだんと高まっていく盛り上げ方でとても良かった。

 特にこの映画でフォーカスされていたバリカンの孤独と苦悩が、原作アレンジと上手く組み合わさった結果、強い感情の渦巻くドラマになっていて見応えがあった。「誰か」の死亡診断書の名前が書かれる下りとか、バリカンの演技とか色々と想像を喚起させるものがあって最高に良かった。

 全体的に主演から脇役まで、有名無名問わず役者の演技が良かったのは大きい。片目役のユースケ・サンタマリアとか社長の存在感も絶妙で、なんかいそうだなという地続きの臭いがある存在感。主演では特に仇を取った後の虚脱感に満ちた新宿(菅田将暉)の演技は良かった。色々あって介護ホームの仕事から一転してネットカフェの店員になるんだけど、この時の無の表情がとても印象的。

 終盤は主要な登場人物たちが同じリングを囲むことになるんだけど、母娘が再会することもなく今まで描いてきた因縁が結ばれるわけでもなく、ただ同じ場に居合わせたという形だけで終わらせているのは、それもまた群像というか、人生という意志のある割り切り方で嫌いじゃない。観終わった後、バリカンの父とは一体何だったんだと思わなくはなかったけれど。

 粗はあるけど、全体的に良い映画なので観て損はないと思う。前後編なので長いけど。原作設定を現代風に上手くアレンジしていることと、バリカンの設定を韓国出身にして、キャストに韓国人俳優を起用したのが見事にハマっている所は見所。原作小説もちょっと読んでみたくなってきた、そんな映画だった。

 

あゝ、荒野 後篇

あゝ、荒野 後篇

 
あゝ、荒野 前篇

あゝ、荒野 前篇

 
あゝ、荒野 (特装版) DVD-BOX

あゝ、荒野 (特装版) DVD-BOX

 

 

あゝ、荒野 (角川文庫)

あゝ、荒野 (角川文庫)

 

 

 

 

 

等身大のサイコパス。映画「悪の教典」を観た。

 原作は貴志祐介の小説だけど、主演の伊藤英明によるアナザー「悪の教典」と化していて別種の楽しみがあって良かった。ちなみに原作・漫画版既読。

 

悪の教典

 

 感想。まず言っておきたいのは、「悪の教典」という作品とハスミンというサイコパス主人公を楽しみたければ、原作小説か漫画版を読めばいい。だけど、サイコパスを等身大で演じる伊藤英明を見たければ、この映画を観るしかない。

 何故か家では全裸がデフォルトの英語教師ハスミン(主人公)なんですが、それだけでなんとなく別種の人間と伝わる伊藤英明の演技と三池監督の演出がすごい。価値観の温度差というか、伊藤英明の狂気を端的に表現していて面白い。なんとなく「寄生獣」の裸ピアノを思い出した。

 

※裸ピアノについて(過去記事)

ippaihaten.hatenablog.com

 

  基本的には伊藤英明の一挙手一投足がヤバ面白くて、他のキャストも割と豪華なのに全員モブくらいの存在感になってしまっている。まさに伊藤英明=ハスミンの独壇場。そんな中で、全体的に謎のまま登場して、ドラム・刺又(さすまた)・パンツ嗅ぎの3点セットで死ぬ山田孝之も短時間で抜群の存在感を出していたのもgood。あと幻覚と回想で現れるシリアルキラーの外国人もインパクトあるし、おそらく作り手の趣味も入って好き勝手にやっていてexcellent!

 この映画が原作を忠実に再現しているかという観点で言えば、まあ及第点ギリギリなんだけど、原作を超えている部分が多数あって映画「悪の教典」としては成立しているので無問題だと思う。映画で興味持った人は原作(小説or漫画)を読んでほしいし、原作読んでいる人は純粋に伊藤英明のヤバさとハスミン・オルタを楽しんでもらいたい。

 この映画では、原作で描かれている「知性が高く、コミュニケーション能力に秀でている」という側面を持つサイコパス観とは別種のサイコパス表現に成功していると思うし、その表現が伊藤英明じゃないと成立しない迫力がある。英語の棒読み感とか、あからさまな脅迫とか、サイコパスというよりヤバい狂人感がビンビンに伝わってくるし最高。あと、三池監督が感動した伊藤英明どうぶつの森のエピソード(伊藤英明が「どうぶつの森」をゲーム機2台を用意してプレイしていて、一方では平和で健全な村を作り、もう一方では極限まで荒んだ村を作っていた話)とかも合わせると、作中の演技が、伊藤英明の演技なのか素なのか分からなくなってくるのでそれもまた面白い。

  長々と書いているけど、一言で言えば「自分のことをコミュニケーション能力が高く、知能も高いと思い込んでいる」サイコパスなんですよね、伊藤英明の演じているハスミンは。原作でも割と行き当たりばったりなんですが、この映画でも短絡的というレベルで行き当たりばったりなんだけど(笑)、作中のハスミンはそんな風には一切思っていなくて、最善手! くらいのドヤ顔で破綻したプランを淡々と進めていくんですよ。観ているこっちはオイオイオイ! みたいなハラハラ感しかない。そんな風に、伊藤英明(=ハスミン)本人の自己認識とこの映画を観ている観客との認識に大きな齟齬があるから、それが面白さの一番の理由な気がする。

 

悪の教典

悪の教典

 
悪の教典

悪の教典

 

 

【関連作品】 

 原作小説。文庫版は上下巻。新書版なら厚めの一冊

悪の教典(上) (文春文庫)

悪の教典(上) (文春文庫)

 

 

 こちらは漫画版。goodアフタヌーンで連載してて、全9巻で完結。

悪の教典(1) (アフタヌーンコミックス)

悪の教典(1) (アフタヌーンコミックス)