実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

絶望としてのウェスタンと次世代への希望の、圧倒的なグルーヴ。映画「LOGAN/ローガン」を観た。

「グレイテストショーマン」がとても良かったので、ヒュー・ジャックマン繋がりで観てみた。「ウルヴァリン」シリーズの完結作。

LOGAN/ローガン (吹替版)

 「ウルヴァリン」シリーズは全部観た訳ではないけど、全く観ていなくても楽しめると思う。X-MENとミュータントという作品設定、あとはウルヴァリンとプロフェッサーXというキャラクターを知っていれば、なお良し。

 感想。自分好みの話でとても良かった。ミュータント版「グラントリノ」であり、メキシコ版「マッドマックスFR」みたいな。ヒュー・ジャックマンウルヴァリン卒業作のせいか、話の要素が色々と詰め込まれていて、軽く映画2本分くらいの話の密度になっていたのが面白くて、自分にとってはとても良かった。ただ、そこがゴチャゴチャして話が散漫で分かりにくいという意見も分かるし、その辺りの捉え方で、この映画の感想は結構変わってくるような気もする。

 この映画は本当に色々なテーマを詰め込み過ぎていて、たとえば介護問題、加齢問題、父親同然の存在が失われることを受け入れられない息子の葛藤、突然現れた娘に対する父親の自覚と葛藤、次世代への継承とかエトセトラ。ひとつひとつだけでも映画と成立させられるのに、一つの映画でやってしまったことによる、密度の高い謎のグルーヴ感が良かった。いや本当に、精神的に父親離れできていない男の自立と、いきなり現れた(紛れもなく自分の)娘に対する葛藤と父性の芽生えを、同じくらいの密度で同時に、同じ人間(ウルヴァリン)でやろうとしているからね、駆け足かもしれないけど、そりゃあ面白くなってくる。娘であるローラ役のダフネ・キーンが表情も演技も良い。その上、ウルヴァリンのお株を奪うようにアクションシーンもキマっていて、とても良かった。ヒュージャックマンも後半は敵としてもかなり動くので、アクション映画としてもちゃんと楽しめる。

 そして、これは紛れもなくウェスタン映画なんですよ。新しい時代の兆しと、それに取り残された・古い時代の流儀に殉ずることを選んだアウトロー(ミュータント)の話。プロフェッサーXを代表とする古き良きX-MENの時代は古びたコミックとして消費され、その絶望に折り合いをつける(別れを告げる)話であり ローラを含めた次の新世代ミュータント達に未来への希望を継承していく話。

 ウェスタン映画「シェーン」から↓の辺りの台詞が、何度も繰り返し引用されているし、ウルヴァリンの衣装とか、馬のエピソードとか、完全にウェスタン映画を撮ろうとして撮っている構図すぎる。

 ちなみに「シェーン」の台詞はこの辺り。ネタバレかどうか分からないけど、一応原文で引用。作中で改めて使われると、ウルヴァリンとローラの関係性もあって、より深みを持った台詞として聞こえてくるので面白い。

A man has to be what he is, Joey. Can't break the mould.

Joey,There's no living with a killing. There's no going back from one.

Right or wrong, it's a brand. A brand sticks.

There's no going back.

Now you run on home to your mother, and tell her...

...tell her everything's all right and there aren't any more guns in the valley.

シェーン HDリマスター [Blu-ray]

シェーン HDリマスター [Blu-ray]

 

 まさかミュータントもので、現代あるいは近未来でのウェスタン映画として仕上がっている独特の映画なのでオススメ。

 

 

 

キャスティングの勝利。映画「22年目の告白―私が殺人者です―」を観た。(後半ネタバレあり)

 観終わった後に知ったけど、元々は韓国映画「殺人の告白」が原作で、それを日本版にリメイクした映画らしい。

22年目の告白?私が殺人犯です?

  感想。二重三重にもやられた! という感じで面白かった。 キャストの時点で完全勝利。だって藤原竜也(クズ)、伊藤英明サイコパス)、仲村トオルサイコパス)あたりでメインキャラを固めてきている時点でズルいよ、これは。

 ちなみに、仲村トオルサイコパスというイメージは、昔見たドラマ(眠れる森)の印象が強過ぎるせいで、伊藤英明は「悪の教典」でハスミン役(主演)をやっているからというだけです。

眠れる森 DVD-BOX

眠れる森 DVD-BOX

 

  ドラマと言えば、オープニングで流れる22年の時間経過の描写が、TVドラマの回想シーン風で、これも良かった。あとテレビの公開収録の場面も、チープな感じがなく緊迫感があって、それぞれのゲストの形勢が目まぐるしく変化していくスピード感も良かった。

 リメイクということもあり、話(脚本)自体も破綻なく面白かった。元々の(他の国でヒットした)原作があるので、日本版のアレンジに注力できるということは、他のリメイク映画も含めて大きな利点なのかもしれない。その分、よく練られた配役の妙というか、誰が殺人犯であってもそれなりに納得できてしまう文脈と演技力を持っているキャストだったので、中盤の時点でどう転んでも面白いことが、自分の中で確定してしまっていたし、途中で裏をかかれたけど、自分の予想通りの真相であった終盤であっても、予想以上に動機がソリッド(?)で虚無だったのも良かった。どんでん返しが何度もあって、最後まで目が離せないスリリングで良い映画だった。

以下、「続きを読む」からネタバレ箇条書き。

 

続きを読む

超ポジティブで情熱的。映画「グレイテストショーマン」を観た。

 近くの映画館で観ようとしたら完全に満席だったので、数駅遠くの映画館まで観に行った映画。

グレイテスト・ショーマン (字幕版)

  感想。最高にエンタメミュージカルしていて面白かった!  実在のアメリカの興行師P・T・バーナムの半生を軸に、ミュージカル映画に仕立てている。主人公が自らをペテンだと、「高尚な」芸術の対極にある娯楽であると認めた上で進んでいく様がとても良く、格好良い。

 主演はヒュー・ジャックマンで「ウルヴァリン」の印象が強かったけど、この映画ではハマり役でとても合っていた。あと「ハイスクールミュージカル」「ヘアスプレー」のザック・エフロンも出ていて、個人的にはかなり久しぶりの顔(笑) バーでの掛け合い(交渉)のシーンがテンポとリズム感が良くて面白かったし、二人のキャラがよく出ていた。

 この映画は基本的に前向きで、どのシーンも何度も繰り返し観たくなるくらい良いんだけど、特に一番好きなのはフリークス達をスカウトして、だんだんとサーカスの人気が出てきて、名声を得ていって浮かれたヒュー・ジャックマンに、お前たちはあっち行ってろとばかりに扉を閉められてしまい、フリークス達が落ち込むけど、すぐに発奮して顔を上げて「This Is Me」を歌い出すシーンがすごく好き。いや、本当に心震える良いシーンでしたよ、自分にとっては。

 

 ↓のメイキング映像で歌っている曲が「This Is Me」で、このワークショップの映像も熱いんで、是非観てほしい。初顔合わせで、初セッションなのに、だんだんと場の熱量が高まっていく様子が肌で感じられてメチャクチャに熱い! そして、一人の人間(レティ)に呼応するかのように周囲のノリが良い! 互いが互いの限界を引っ張っていくように盛り上がっていくんですよ。この映像を観て、何か感じるモノがあった人には、是非見てもらいたい映画ですね。 


ヒュー・ジャックマンも感涙!映画『グレイテスト・ショーマン』「This Is Me」ワークショップセッションの様子

  あくまでバーナムの生涯ではなくて半生を描いているので、全編に渡って不幸も不運も吹き飛ばしていこう! って感じで良かった。ラストのザック・エフロンとのやり取りも最高に良いし、この映画には存在しないけれど、この後に史実のバーナムにどういったことが起きるのか・・・とか少し思いを馳せてしまうくらい、最初から最後まで明るくて楽しい映画だった。

  音楽も思わずサントラ買いたくなるレベルで良くて、観ているとテンションが上がってくる良い映画だった! 話の構成上、義父との確執とかネガティブなシーンもあるんだけど、次の瞬間(シーン)にはすぐに気持ちを切り返していて、そんなものはさっさと追い抜いて吹き飛ばしていこうという、スピード感がある。気持ちがグッと上がってポジティブになれる、万人にオススメの映画。

 

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

  

 

骨太でシンプルな娯楽映画、それだけでいい。映画「バーフバリ2 王の凱旋」を観た。

 バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ! ということでバーフバリの後編映画を観た。

バーフバリ2 王の凱旋(字幕版)

 

 前編の感想はこちらから。 話の筋自体はシンプルなので、後編から観ても、そんなに混乱はないように思う。

ippaihaten.hatenablog.com

 

 前編である伝説誕生と合わせて、回想シーンの圧倒的長さ。だが最高に面白い。英雄の物語(叙事詩)であり、神話でもある、三代の王の物語が堂々の完結。

 ちょっと話の構成について触れておくと、前編の「伝説誕生」では主人公のエピソード→父親のエピソード(回想)で構成されていて、後編にあたる本作「王の凱旋」では祖母シヴァガミのエピソード(回想)→父親のエピソード(回想)→主人公のエピソード、という構成になっている。ちなみに父親と主人公は同じ人が演じているので、パッと見では同一人物に見えるが、そのうち見分けがつくし、見分けがつかなくても問題ない。

 全体的に、登場人物の感情量が多くて観ているだけで楽しい。表情から溢れる感情の多さ。あとベタなカメラワーク(驚いた時は、カメラが顔にズームしたり)が本当に良い!  前作でも大活躍していた面白兵器(人を刈り取る戦車)が地味にパワーアップしていたり、シヴァガミが色々な方面から煽られていたり、女系社会という感じ。あと、バーフバリが矢を三本同時に放つシーンとか、兵士がバーフバリの奇策で盾弾丸となって城を攻めていくシーンは、最高に好き。

  前作と合わせると尺は結構長いんだけど、それを忘れてしまう展開と内容で面白い。冒頭の回想で出てきた火壺のシーンが、終盤にも生かされていて面白い。突然チュートリアルミニゲームが始まったみたいな印象だったけど(笑)

 予告編とかでこの映画のメイン(と感じたシーン)がほとんど使われてないんだけど、それでも圧倒的に面白そうに仕上がって見えるということは、期待していいと思う。


「バーフバリ 王の凱旋」特報

 

 頭を空っぽにして観れるし、そうやって観た方が楽しめる。そして観終わったら、バーフバリ! バーフバリ! って言いたくなる、そんな映画でした。オススメ。

 

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]