実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

人間の追い詰めを実写化。映画「沈黙―サイレンス―」を観た

 しばらくは観るのに気が進まなかったけど、ようやく観た。原作は日本だけど、監督はマーティン・スコセッシという異色作。

沈黙 -サイレンス-(字幕版)

 気が進まなかったのは原作を以前読んでいて内容を知っていたからで、原作は面白かった分、実写化したら絶対にエグそうだなあと思っていたから。大体の内容は、江戸時代のキリスト教弾圧を通して、日本人の信仰の在り方とは、みたいな話で、基本的に原作に忠実な同じ物語だけど、結果的に原作と映画で含まれる意味が180度違うように描かれていたのは面白い。

 この映画は分類としては洋画になると思うんですが、原作小説は日本人から見たキリスト教(宗教&信仰)に対して、本作はキリスト教(外国人)から見た日本人、という対の構造になっている。つまり、主人公のロドリゴの視点がそのまま監督(カメラ)の視点になっているので「キリスト教ビギナーの国、日本に来たけど、何なのこれ? 良く分かんないし、キリスト信じているし悪い人じゃないんだろうけど、怖い」という共感がガンガン得られる。

 意図なのか偶然なのかは分からないけど、それによってある種の、客観的な視点で物語が再構成されていて、原作で描いていた絶望をより増幅していたのは良かった。あらゆるものを腐らせる沼としての日本を原作よりも表現できているかもしれない。

 あと良かったシーンは、ひもじくても食事の前の祈りを忘れない村のキリシタン達と、主への感謝の祈りを忘れて出された食べ物にがっつくロドリゴ達との構図と対比とか、しつこいまでのキチジロー(この映画におけるユダの役回り)の登場とロドリゴとの会話なんかが印象に残っている。

  個人的には良作映画だと思うけど、同時に薦める人は選ぶタイプの映画でもあった。原作の再現度が高いあまり、色々な拷問や処刑も映像化して再現しているので、割とエグくて、人間の追い詰められ方の実写化と言っても間違ってはいないので、万人受けする映画ではないとは思う。 

 

 

ちなみに原作小説はこちら。 

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

 

 

35年越しの続編。映画「ブレードランナー2049」を観た。

ブレードランナー 2049 (字幕版)

 一応続編モノですが、レプリカント等の用語やあらすじレベルで予習してたら、必ず前作を観る必要はないとも思う。一部よく分からない所があるにしても、それなりに楽しめるはず。ちなみに前作「ブレードランナー」の感想はコチラ。

ippaihaten.hatenablog.com

  感想。35年の年月を経た、正しく続編という感じ。元々30年以上も前の映画「ブレードランナー」自体が今観ても古さを感じないけど、今作は時代の変化を上手く作品に取り入れて反映していると思う。

 前作の主題は「何が人間とレプリカントを分けるのか。感情と寿命を持ったロボットが人間ではないのは何故か?」という問いだったと思ってるけど、今作でも根底の主題は変調しつつも変わっていないと思う。どちらかと言えば主人公とヒロインの関係で言えば「ここまで人間(レプリカント)に近付いたのに、人間(レプリカント)になれない」悲哀があって、時代の流れもあるけど好みで言えば今作の方が好みだった。どっちもレプリカントが人間らしくて、人間がレプリカント(ロボット)っぽい所がミソで、感情のトリガーを引いてくれる。 

 正直言うと全て理解できたわけではなくて「結局、あの謎はどうなったの?」みたいな所も多々あったり(レプリカントの出産とか、前作主人公の正体とか)して、前作も含めてその辺りの解釈は現段階では「どっちでもいい」んだろうなあ。なんか続編も匂わせているし、謎は謎のまま持っていくスタンスっぽい。

 一番良かったシーンは、レプリカントが電脳彼女(ホログラム)と身体を重ねるシーンが、お互いが相手を求めて手を伸ばすけどすれ違う系の悲哀があり、逆説的に人間らしさを一番問うていてサイバーパンク感があってとても良かった。

 全体的には、近未来感溢れる雰囲気も良くて、よく分からないなりに世界観とドラマを楽しめた映画だった。 

アート・アンド・ソウル・オブ・ブレードランナー2049

アート・アンド・ソウル・オブ・ブレードランナー2049

 

 

 

2018年4月に観た映画

4月(7作)

  1. 「グレイテストショーマン」
  2. 「ローガン」
  3. 「ザ・シャッフル」
  4. 「沈黙―サイレンス―」

    ippaihaten.hatenablog.com

  5. 無限の住人

    ippaihaten.hatenablog.com

  6. ブレードランナー2049」

    ippaihaten.hatenablog.com 

  7. 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

    ippaihaten.hatenablog.com

     

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を観た。

 マクドナルドを題材にした映画って「スーパーサイズミー」くらいしか他には知らないけど、もうマクドナルドという企業を題材にした時点で批判性・問題提起がセットと言う感じがする。マクドナルドは超最高!みたいなプロバガンダ映画をもう作る意味もなく、どれだけアンチに叩かれても局所的な影響しか生じないぐらい、インフラレベルの超巨大企業というイメージがある。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(字幕版)

 この映画は”マクドナルドの創業者”レイ・クロックの自伝的映画だ。主演は「バードマン」のマイケル・キートンで、高齢で野心家という役を完璧にこなしている。目力というか目のギラつき方が本当にヤバくてすごい(誉めてる)。

 “マクドナルドの創業者”とカッコ付きなのは、この映画の話自体がセールスマンだったレイ・クロックがマクドナルド兄弟と出会い、兄弟から「マクドナルド」を奪い、己のハンバーガー帝国を作っていく物語でもあるわけで、マクドナルドがいつから始まったのかという起源のズレと勝者の歴史にも踏み込んでいて、その辺りもヒリヒリさせてくれて良い。

 作中では基本的にどちらにも肩入れせずに、フラットに事実・エピソードを実写化しているんだけど、マクドナルド兄弟の考案した効率化システムが当時は本当に革新的なものだったというのが肌感覚(他のハンバーガー屋のシーンと対比させることで)で伝わってきて面白い。実はこの映画、経営者とエンジニア(職人)の対立の話でもあって、ガンガン規模を拡大させたい経営者と質を重視して保守的になる職人の対比を見てると、フェイスブックの創業を描いた「ソーシャルネットワーク」を思い出す。ソーシャルネットワークもそうだったけど、この手の創業を巡る争いは契約と名誉と裁判の3つが出てきて、最終的には名誉が最も重視される印象。

 全体的に完成度が高い映画で良かった。この映画のキモは、ラストのトイレでの2人の会話に尽きると思う。そこで語られる2人の短いやり取りに、この映画とレイ・クロックの全てが凝縮されていると思う。そこで語られるレイ・クロックの言葉にはある種のサイコパス感もあるし、同時にファウンダーとして最も重要なセンスってそういうことなんだろうなという奇妙な納得感もあった。繰り返しになるけど、マイケル・キートンの演技がすごい。