実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」を観た。

 とても良い映画で、同時に愛すべきボンクラ映画だった。

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ [Blu-ray]

 この映画自体はイタリア映画だけど、タイトルにも入っている「鋼鉄ジーグ」とは日本の昔のロボットアニメ。国内放送終了後にイタリアでも放送されていて、向こうでの認知度と人気は抜群らしい。

 これはヒーローの映画ではなく、ヒーローになるまでの映画だ。その意味はこの映画を最後まで観たら分かる。主人公のエンツォは小悪党のチンピラで、ケチな窃盗で小銭を得て、ほぼ唯一の楽しみはポルノを見ながらヨーグルトを食べるような生活。そんな主人公はある日、偶然にも「力」を手に入れる。ビルから落ちても死なない頑丈さと怪力だ。

 そんな力を手に入れても小悪党なので、ATMを盗んだり基本的には自分のためにしか使わない。そんなエンツォの前に現れるのが鋼鉄ジーグの熱狂的なファンのヒロインで、主人公の「力」を目撃して、鋼鉄ジーグの主人公(司馬宙・シバヒロシ)と重ね合わせて、主人公のエンツォ「ヒロ」と呼び、何度も何度も「正義のために力を使うのよ、鋼鉄ジーグみたいに!」とことあるごとにエンツォに言い聞かせていく。そんな中で、エンツォが暴走したり間違えたりしながら、自分に宿った力を正しく、あるいは誰かのために使おうと変化していく流れはひとつの成長譚としても面白い。

  ヒロインのエピソードとか、さらっとヘビーな展開も入ってくるので、万人向けとは言い難いですが、それだけにボンクラだけどまっすぐなメッセージ性がストレートに伝わってくるのがいい。ヒロインの語る言葉が声にならない叫びだと分かる展開も、終盤でエンツォが名乗るシーンとか、ヒーローものとか好きな人には間違いなくオススメできる。

 あと敵の造形も良くて(ザ・悪役な顔立ちも含めて)、地元のギャングのボスっぽい奴で、序盤から中盤にかけては主人公と同じく何者にもなれない、鏡写しのような存在として描かれているんだけど、最終的には主人公とは決定的に違ってしまう描写もとても良い。

 全体的には、押さえるべき要素はきっちり押さえられた王道展開で燃えるヒーロー映画であり、自分好みのボンクラ映画であったので大満足。

 

 この映画を観ていて連想した過去映画。こっちも観てない人はオススメですよ。 

アンブレイカブル [Blu-ray]

アンブレイカブル [Blu-ray]

 

 

 

 

 

 

犬と婆と林遣都。映画「しゃぼん玉」を観た。

 原作小説は未読。乃南アサの本はたぶん一冊も読んだことないはず。

しゃぼん玉 [DVD]

 犬と婆(市原悦子)と林遣都(達磨一家の日向紀久)。都会で荒んでいた若者が田舎(自然)で癒される、つまりそういう映画です。普通の話で、普通の映画で、それでも普通に良かった。全体的に役者の演技クオリティが高いせいか、安定して観れたのがポイントだと思う。ロケ地が宮崎県の村全体を使っていて、山奥とか自然の風景はとても綺麗だった。

 あらすじ的には主人公である林遣都の来歴が「ひったくり常習犯で、ある時たまたまひったくり犯行時に女性をナイフで刺してしまいそのまま逃走」と割とハードんだけど、犯した罪の内容ではなく、罪を犯したという設定の方が大事なので、あまり気にしてはいけない。ちょっと事情があって村に出戻りしている女の子(藤井美菜)が出てきて、その結構ハードな事情も後半で明かされて林遣都にダイレクトアタック!という感じで、映画全体がすっごい嫌な感じになって・・・は来ない優しい世界(笑)

 ラスト付近については言いたいことがまあ少しはあるけど、それを言って面白くなる映画でもなく、そういう優しい世界の映画なので・・・。ただ、ラストでこれまでの登場人物を一切映していないのは、他の登場人物が主人公に対してどういう感情を抱いているかが見えなくて、そこに解釈の余地を残していたのは、とても良かったように思う。

 ここからはハイロー話にもなるけれど、序盤の林遣都は本当に達磨一家(休暇中)って感じで、シーズン2とザムビの間の不在期間の話という設定で観てもハイローファンなら問題ない・・・はず(笑) 

 

しゃぼん玉 [DVD]

しゃぼん玉 [DVD]

 

 

2018年1月に観た映画

1月(6作)

  1. キングスマン2 ゴールデンサークル」

    ippaihaten.hatenablog.com

  2. 「しゃぼん玉」

    ippaihaten.hatenablog.com

  3. 「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

    ippaihaten.hatenablog.com

  4. 銀魂
  5. 「武曲」
  6. 「お嬢さん」

  今年もまたよろしくお願いします。今年は映画レビュー以外のこともやるんだ・・・と小さく決意宣言。

 

カントリーロードは神曲。映画「キングスマン2 ゴールデンサークル」を観た。

 2018年映画初めの映画としては申し分ない作品。

映画 キングスマン : ゴールデン サークル ポスター 42x30cm Kingsman: The Golden Circle コリン・ファース マーク・ストロング タロン・エガートン チャニング・テイタム ハル・ベリー [並行輸入品]

 前作も最高に面白かったので、今作も結構期待してたんですが、上の画像のように舞台をアメリカ(カウボーイ)に移しつつそれに応えてくれる傑作でした。

 序盤からハイテンションのカー&ギミックアクションで度肝を抜かれつつ、前作の登場人物をダイナミックに清算しつつ、瞬間的にキングスマンを壊滅させたりしながら、アメリカの支部組織「ステイツマン」と共に、新たな敵と戦うという王道展開。アメリカ版マリーンであるジンジャーエールが褐色知的美人すぎて良いし、何故かエルトン・ジョンもゲイネタを繰り出しつつ活躍しているぞ!・・・本当に何なんだ(笑)

 割と展開は雑なんだけど、そういう細かい話はいらないでしょ、この映画に来た君らは? という感じでざっくり切り捨てているのは好感。また今回の敵も前作に劣らずクレイジーで最高に良い。前作も今作も人間嫌いの潔癖症みたいな性格なのが面白いし、倫理的にはともかく敵なりの正義で世界を良くしようとしているとする感じるレベルのクレイジーさがよろしい。今回の敵は麻薬王なんだけど、一周回ってドラッグ・ダメゼッタイというポリシーすら感じる。あと今回もハンバーガーネタがあって大満足。悪役にとっての最高のもてなしはハンバーガーに限る。

 そして、この映画でカントリーロード神曲となり、カントリーロードで脳裏に浮かぶ映画が「耳をすませば」から「キングスマンGC(ゴールデンサークル)」へと更新されてしまった。 キングスマンのスーツを乱れさせないアクションや遊び心しかない変な道具ギミックも前作に負けず劣らずカッコいいので、前作楽しめた人は確実にオススメな作品。