実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

映画「劇場版おいしい給食 卒業」を観た。

 個人的超大人気ドラマシリーズの劇場版第2作。上映開始直後に映画館で観たんだけど、上映している映画館が近所になかったので、電車で90分くらいかけて観に行った。前作はコロナの関係もあって映画館で観れなかったので、今回は映画館で観れて良かった。公開から日が経っていないのもあってか、一番小さいハコでも6割くらい入っている体感で、家族から小中学生・老人まで幅広い客層の印象があった。公開から日が経っていないのにパンフが品切れだったのも驚いた(後日、別の映画館で購入)。

 面白かった! この作品のファンとしての感想はそれに尽きる。「あいつ! ブドウ糖を作っているのか!?」「食を分けるということ、これはもうつまり配偶者です」などのパワーワード(台詞)もあった。何はともあれ、今回で甘利田先生と神野君の戦い(?)は終結して、文字通り卒業。実質的なテーマとしては卒業というよりも、おいしくない給食あるいはVS栄養士という感じだった。

 今回の給食パートはそんなテーマ的な部分もあって、全部がカタルシスという訳ではなかったが、導入部の一食目、違和感の試食パートからの対比的な二食目、そしてパーフェクトなラスト給食という構成だった。ラスト給食は1(TV版)のラストと重ねるようにカレー銀シャリというのも趣深い。あと1回目の給食パートで生徒たちのナポリタンの話に突然大声でカットインしてきたりして、完全にリアルの事象ということが証明されてしまった。※注釈として、TV版の2の時点で甘利田先生の奇行がバレているということがバレていたんだけど、1のTV版・劇場版ではまだ甘利田先生の精神世界というかイマジナリー奇行の可能性が残っていたのだ。

 舞台が80年代という設定ということもあり、試食の時の変装(私服)もアメカジのサングラススタイルで80年代っぽさと同時期に上映されていた「トップガン」ぽさもあった。あとはウイスキーボンボンの2日酔いで見せたキレッキレの酔拳や試食会場からの脱出アクションなど甘利田先生役の市原隼人のアクションも堪能できる。

 ストーリーの本筋はまあザルガバなのは否定しないけど、この映画はそこが焦点じゃないのはこの作品を追いかけてきた人間なら自明のことで、卒業式のシーンも描かれないのは驚いたし(片付けのシーンのみ)、全体的に甘利田先生以外の登場人物はバックボーンが薄いし、それは同時に先生の視点でもある。基本的には給食以外に、あとは神野君についても給食と教育学科(常節高校への進学)くらいしか関心がない。

 やはり一番の見せ場はラストシーンで、放課後の教室での空気、2人の会話のリズム、ファンにとっては最高にエモくて全てが良い。先生へのリスペクト、神野へのリスペクト、志望動機の「バレバレだ」には思わずニヤリとしてしまう。同じ給食道を進むが、神野君の野望に目を細める先生の表情とか、先生から神野君への贈り物であるロールケーキは、1のTV版での冷凍ミカンのアンサーになっていて全ての歯車が嚙み合ったラスト給食だったのを改めて感じる。

 あと今回はほんのりとキューピットにもなっていて、神野君教育実習生編の他にも甘利田先生北海道編の可能性も匂わせてくれてありがとうという感想。地味に2のTV版ラストのイカ飯が伏線になっていたな、そういえば。あと甘利田先生が勤続12年ということもさりげなく分かった。

 まあ全体的に素晴らしいまとめ方で、まさに卒業という感じ。ラストのラストシーンである中学校の校門の前で「じゃっ」みたく互いに振り返ることもなく、それぞれ反対方向に歩いていくシーンが本当に良かった。

 

 

ライブアライブ⑨最終編

 ラストの最終編を始めたが、いつの間にかクリアしてしまった。なので、やり込み度は★★★。

 主人公は功夫編のサモを選択。最終パーティはサモ・おぼろ丸・高原日勝・アキラ。サモとおぼろ丸とアキラは最強装備ゲットして、アイテム取りに行くつもりで魔王城に突入したら、そのままクリアしてしまった。ラスボスはSinオディオで、これはリメイク版オリジナルだと思う。各時代のボスを撃破してからのラストバトルの演出は激熱だった。これを見れただけでも、旧作ファンはリメイク版をプレイする価値はあると思う。実は最終編って世界観がツギハギだし、あらゆる部分で作業感がすごいあって、一番好きじゃなかったけど、ああいうラストが待っているなら、まあ悪くないかなと見直した。作業感が消えるわけではないが。

 ちなみにポゴ・キューブ・キッドは全然育成していなかったので、ボスラッシュで一番ヒヤヒヤしていたのはキッドだった。マシンガンの射線にいたら一発で即死だったので。

 

ライブアライブ⑧中世編

 そして中世編。実質、これより前の7つのシナリオでこのLIVE A LIVEの醍醐味は堪能できて満足しているのだけど、まあ進めていく。基本的に中世編は一本道なので、やり込み要素がなしという意味でやり込み度は★★★。

 基本、SF編のように一本道のお使いゲーなんだけど、リメイク化でボイスがついたり戦闘も演出が豪華になって底上げ的に良くなっているとは思う。戦闘システムはやはりややシビアになって強い方のナイトに囲まれ狩られたり、ラスボスにやられたりした。

 他のシナリオでもそうだったけど、主人公の名前呼びのボイスがないのは違和感を一番感じるシナリオだった。名前は自由に決められるシステム自体は別に良いから(他にも同じインターフェイスでゲーム中でパスワード入力したりするからなくす必要はない)、オリジナルネームだけでもボイスありにして欲しいと思った。このシナリオではオルステッド呼びでのセリフを堪能したかったよ。あと意外とケヒャ声だったなストレイボウ

 

 ここからはややネタバレだが、中世編はストーリー的にもあまり掘り下げがされてない分、プレイ中に色々と思いを馳せたりしていた。

 冒頭のトーナメントなんかも後から振り返ると、おそらくどこかの村か身分の低いスラム出身のオルステッドとケヒャ声のストレイボウ、あと準決勝の対戦相手の質を見ると、まともな人材がいない王国だなと感じるし、そんなトーナメントの優勝者がいきなり次期国王という全体的にアレな王政というのが分かる。あの4人の中から次期国王を選ぼうというシステムや、魔王とかいう厄ネタを近所に抱えているし、まあ国民の民度低いし、辺境の弱小王国みたいな感じだろうと思う。人を信じるということがない国民なので(魔王だ!と恐怖に一瞬で全て持っていかれる)、魔王退治という国民栄誉賞モノの勇者ハッシュは人間嫌いになるのも無理はなく、ウラヌスも隠居したくなるのも分かるというもの。ちょっと親切でもう一回頑張ったら拷問されて死んだので結果的に何もしないで国が亡びるのを待つのが正解だった。他の王国はシナリオ内に出てこないので、そもそもあの王国以外は全て滅びたのかもしれない。

 アリシアはまあ当時もバハムートラグーンのアレとかスクウェアヒロインとして物議を醸していたけど、まあオルステッドにとっては理不尽すぎるが、ストレイボウ達の言い分もまあ色々な葛藤のバックストーリーがあるんだろうなーと想像の余地はあったけど、今回のリメイク版の育ちの悪そうなケヒャ声聞くと、あまり同情の余地はなさそうだな斬るべしという心持ちになったので、ある意味新鮮というか、ボイスは大事だなと改めて思った。

 最終編は覚えている範囲だと一番面白くないので、ダラダラ進めていくつもり。オルステッドが主人公だと面白いけど。

 

ライブアライブ⑦幕末編

 ようやくラストの幕末編。実は一番楽しみにしていたシナリオで、一番自由度が高い人気シナリオだと思う。やり込み度は★★★★。

 リメイク版初見0人斬りはストレス溜まりそうで面白くないので、今回は100人斬りを目標にした。可能な限り斬っていくスタイルでプレイした結果、98人斬りだった。2人は合言葉に成功してしまったので・・・見なし100人斬りということで容赦願いたい。

 まずリメイクポイントはマップが立体的になっていて良かった。ダッシュはなくなっていたので高速回避&移動はできなかった。まあ100人斬りだと関係ないけど。

 魔神竜之介と岩間様も倒す気だったので、人魂狩りは実行して最終的にはLV16くらいまで上がったので忍法矢車草も覚えた。まあほぼ夢幻蝶とカマイタチ使えれば無問題だったけど。アイテムも印籠以外は取れてたと思う。

 そんな訳で魔神竜之介と岩間様も撃破。岩間様は昔と同じく足袋でダメージ軽減しつつ影一文字連打。あと一撃という所で石化してしまったので損した気分。竜之介もまあ何回か死んで倒した。リメイク版は行動ゲージとボスの残りHP見えるのが本当に助かった。あとアイテムはケチらず使うのが大事。

 幕末編は何気なく死にまくっている。商人のワイロでも死んだし、忍にも殺されたし、カラクリの自爆でも死んだ。これは行動ゲージによって敵の行動スピードとルーチン精度がSFC版よりも上がっているからだと思われる。幕末編では複数に囲まれると回復する間もなく死ぬので、回復アイテムが使える時は使った方がいい。

 ラスボスは最強装備で遠距離からカマイタチしかしていないので一番弱かった。

 全体的に時間もかかったし、満足度が高いシナリオだった。次はついに中世編。