実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

7年ぶりの新刊! 西野マルタ「えんこうさん」を読むしかない。

 やったぜ西野マルタの新刊だ! 「五大湖フルバースト」の続編であり三部作最終章である「心の横綱」ではないけど、それでも7年ぶりの新刊は最高に嬉しいぞ! 

えんこうさん (SPコミックス リイドカフェコミックス)

えんこうさん (SPコミックス リイドカフェコミックス)

 

 

 今回の新刊は過去に発表された読み切り3作品をまとめた短編集なんですが、なぜかどれもが人間と河童が相撲を取る話ばかり(笑)

 そもそもタイトルの「えんこうさん」=猿猴(えんこう/河童の別名)であり、タイトルに偽りなしであることは間違いないし、タイトルにまで溢れた河童リスペクトが半端ない。

 人間と河童が相撲を取るという話を3つ描いているんですが、相撲、尻子玉、河童の妙薬「十三膏」、猿猴通臂、金気(金属)に弱い、河童の皿の水、利根川(東)の「祢々子(ねねこ)河童」と筑後川(西)の「九千坊(きゅうせんぼん)河童」・・・等々、河童に関する伝承や要素が作中に散りばめられていて、作者の河童リスペクトと河童に関する入門漫画としても間違いなくオススメできるだけでなく、河童を通した人間の葛藤(ドラマ)もあって、とても良い。

 五大湖フルバーストでもそうだったけど、作者は伝奇の解釈と融合が上手くて、河童の腕を返す代わりに願い事を叶えるという3作目の「怪奇腕白相撲伝」なんか、怪奇短編の「猿の手」をモチーフにしているのかなと直感的に思った。結果的に願い事も3つしているし、なんとなく。

 そんな訳で、西野マルタの「えんこうさん」オススメ。

えんこうさん (SPコミックス リイドカフェコミックス)

えんこうさん (SPコミックス リイドカフェコミックス)

 

 

猿の手」が収録されている短編集。あと、水木しげるの短編漫画「暑い日」を読んだ人なら必ずニヤリとできる短編も入っているので、水木しげるファンもぜひ。

エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談 ---憑かれた鏡 (河出文庫)

エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談 ---憑かれた鏡 (河出文庫)

 

 

 あと、実に6年前の記事ですが。 西野マルタ先生の超絶面白相撲漫画である「五大湖フルバースト」関連の記事はコチラ。

ippaihaten.hatenablog.com

  

 

 

 

 

ありがとう100000PVと生存報告

 久しぶりの更新。タイトルでは分かりにくいですが、少し前に10万PV突破していました。どうもありがとうございます! ということと、一応生きているんだぜという生存報告も兼ねて。

 4月に転勤&転職&引っ越し・・・etcとあって、今までの人生で一番バタバタしてるんじゃないかというくらいの毎日で、映画の感想どころか映画もロクに観れていない日々で、最後に観たのが劇場版プリレジェという、色々言いたくなった映画というのがまた皮肉な感じ(笑)

 今は強制的な「絶」状態になっているので、これから観ることになる映画は新たな瑞々しい感覚で観れるかもしれないと思えば、こういう気分です。

f:id:ippaihaten:20190612002710p:plain

 もう少し落ち着いたら、ぼちぼち更新していくつもりなので、またよろしくお願いします。

2019年3月に観た映画

3月(1作)

 

  1. 「PRINCE OF LEGEND 劇場版」

     

    ドラマ「PRINCE OF LEGEND」前編 [Blu-ray]

    ドラマ「PRINCE OF LEGEND」前編 [Blu-ray]

     
    ドラマ「PRINCE OF LEGEND」後編 [Blu-ray]

    ドラマ「PRINCE OF LEGEND」後編 [Blu-ray]

     

     

ジェシカ・チャスティンを観賞するための映画。映画「モリーズゲーム」を観た。

 ジェシカ・チャスティン主演。実話(実在の人物の書いた自伝)を元にした映画らしい。 

モリーズ・ゲーム [Blu-ray]

 

 ポーカールームを運営する女経営者が主人公の話なんですが、数奇な人生の自伝映画という趣きで、ジェシカ・チャステインは、こういう虚無的な何かを抱えている役にハマるタイプの女優だなあと思う。

 完全に設定(あらすじ)とジェシカ・チャスティンで成立させている映画で、全体的に盛り上がりのシーンもなく、ストーリーとして面白いかというと微妙。終盤の父親とのやり取りとかも御都合主義で上滑りしているというか、自伝が原作の映画なんだよなあと再認識させてくれる。ただ、あらすじで興味を引いて、ジェシカ・チャスティンの色気でなんとなく満足させるという意味では、映画としては完全に正しいとは思う。

 あと、この最大の映画の見所と言っても良いのかは分からないけど、おっぱいの無駄遣いというくらい、とにかくジェシカ・チャスティンが色々な衣装で立ち振る舞う。個人的には、最初に弁護士に会いに来た時の服装(↑の画像の服装)が最高に良く、特に服の質感が最高に良くて「好(ハオ)」という感情が芽生えた。

 

モリーズ・ゲーム(字幕版)

モリーズ・ゲーム(字幕版)

 
モリーズ・ゲーム [Blu-ray]

モリーズ・ゲーム [Blu-ray]

 

 

 【BlackBerry

  実話ベースのアメリカ映画はBlackBerry出てくる率が高いという仮説がある。少なくともアメリカではiPhone台頭前の一時代は築いているので、その時代を描写しようとするとよく出てくる気がする。

 映画の中では3台の機種が出てきていて、最初はBlackBerry6510(ブラック)を使っている。この機種はたぶん2003年にリリースされているし、作中でメール文面が映るんだけど日付が2003年なので間違いないと思う。

f:id:ippaihaten:20190318193324j:plain

 そして途中からBlackBerry6230(ブルー)が加わって2台持ちになる。こちらの機種も2003年リリースで、まだカラーディスプレイじゃない時代。

   f:id:ippaihaten:20190318194107j:plain     f:id:ippaihaten:20190318194049j:plain

 BlackBerry6510(ブラック)  BlackBerry6230(ブルー)

 

 その後(作中では10年後の2013年)、BlackBerry6230(ブルー)とBlackBerry Curve 8300(シルバー)の2台持ちになっている。Curve 8300は2007年頃にリリース。6230と合わせて、この機種が実際にどれだけ人気あったかは分からないけど、映画の中では長く愛用されているっぽい。

f:id:ippaihaten:20190318193329j:plain

 

f:id:ippaihaten:20190318194156j:plain

  BlackBerry Curve 8300