読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

捕られないナイフの当て方とは その2

 この前、護身術や武術の心得がある人間に対して、いかにナイフを捕られないようにするのかということを考えたのだけど、今のところ思いついたのは、映画やドラマで刑事なんかがよくやる「ゆっくり手を上げろ、そして両手を後頭部に置け」なんじゃないかなあと思う。

 これだとどんな人でも腕を動かすには肩の動き(腕をおろす動作)が入って事前に察知できるように思うんだけど、どうだろうか。

 力を持たず、技を使わず、小賢しさだけでどうにかしたいという考えからの、机上の空論、もしくは記事用の空論。まあ、そんな状況になることは一生ない。