読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家の犬が踊る

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

映画を見たい

 映画館でもいいけど、DVDとかでもいいよ。映画はたまに観に行ってるけど(直近だと「テッド」を観た。ものすごい自分好みの下品で馬鹿でボンクラ映画だった)、1年か2年くらい流し込むように映画を観てないので、たまにはフル回転で観たい。つくづく家の近くのレンタル屋が潰れたことが惜しまれる。もう近所のレンタル屋って徒歩30分レベルくらいしかない。近所と言っていいのかわからないレベル。

 それにしても、何人かで持ち寄ってDVD上映会とかやりたいな。バカな方向で深夜まで。タコスかピザをコーラかビールで流し込みながら観るような。

 そういえば正月に映画「幻の湖」(1982)がテレビでやってたんだけど、何度観てもさっぱりわからない。雄琴温泉でソープ嬢が愛犬を殺された所から始まって、CIAが出てきたり愛犬を殺した犯人とマラソンしたり、いきなり笛を吹く青年が現れて戦国時代に回想したりして、最終的には、驚かないでほしいが、宇宙へ行く。ここまで映画のあらすじを忠実に喋っただけで気が狂ってると思われる映画はあまりないだろう。いちおう舞台の半分は滋賀県で、琵琶湖も割と重要なポイントになっている。その他でも自分の知っている地名や風景がひたすら出てくるが、何の話だかさっぱりわからないという感じが、じわじわ脳に来る。これが1Q84って奴か(パラレルワールド)。80~90年代って割と邦画がつまらないと言われていた時代だけど、確かに例としてこれを挙げられたら黙らざるをえない。その時期ってバブルの影響か、畳めない風呂敷を広げたり、無駄にスケールの大きい話多かった気がするし、この映画も無駄にスケールがでかい。今だったら戦国時代の回想部分だけで映画を一本撮れてると思うくらい。

 店舗系のチェーン型レンタルショップにはあまり置いてない感じはするけど、品数豊富な所かカルト系扱っている所ならあるかなあという、一度機会があったら2時間44分をドブに捨てる価値はあると思う。

幻の湖 [DVD]

幻の湖 [DVD]

 いや、本当にわけわかんない内容なんだって! 観ればわかる。